はぴねすすくーる

自分らしく生きることを目指して日々奮闘中

【ヘアドネーション】髪を切るだけでできる社会貢献活動【体験談】

f:id:micchaaaaa:20180629234130j:plain

ヘアドネーションという言葉を知っていますか?

自分の切った髪の毛を寄付できる取り組みなんです。


芸能人が「ヘアドネーションしました!」って写真アップしてるのでそれで知ってるって人もいると思います。

わたしは熊田曜子さんが写真をアップしてるのを見て知りました。


わたしの髪が誰かの役に立つならヘアドネーションしてみたい!」と思ったので、実際にヘアドネーションしてみました。


ヘアドネーションってどんな取り組み?

ヘアドネーション=髪の寄付」なんですけど、じゃあ寄付した髪はどうなるのかというと、医療用のウィッグに生まれ変わります


例えば、ガン患者さんは抗ガン剤の副作用でどうしても髪が抜けてしまいます。

そんなときに活躍するのが医療用のウィッグです。


寄付で募った髪たちを寄せ集めて、患者さんにぴったりの医療用ウィッグとして生まれ変わらせるんです。


カットした髪の長さが31cm以上で寄付を受け付けているところが多いですが、15cmで寄付できるところもあります。


ウィッグにできる髪の条件

カットした髪の長さが規定以上あっても、髪の状態によってはウィッグに適さない場合もあります。

条件はヘアドネーションを受け付けている団体によりますが、おおよそまとめると以下のとおりです。

  • 引っ張ると切れてしまうほどにダメージがないこと(パーマ、カラーOK)
  • 完全に乾いた状態であること


詳しい条件は髪を寄付する団体のHP等で確認してみてください。


ヘアドネーション活動をしている団体

<Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック)>
日本で初めてヘアドネーションの受付を始めた団体です。
31cm~受け付けています。

www.jhdac.org


NPO法人HERO>
31cm~受け付けています。

hairdonation.hero.or.jp



わたしはそんなに髪が長くなかったので、15cmで寄付ができる「つな髪」経由で寄付をしました。

<つな髪>

www.organic-cotton-wig-assoc.jp


ヘアドネーションの流れ

まず、「つな髪認定サポート店」の一覧から美容室を探して予約しました。

www.organic-cotton-wig-assoc.jp


わたしが今回利用した美容室は「クレア」さんです。
ホットペッパービューティ経由で予約しました。

www.clair-salon.info


当日に「ヘアドネーションしたいです」と伝えたらすぐに対応してもらえました。


カット前
f:id:micchaaaaa:20180624234850j:plain
ちなみにカラー、パーマしてる状態です


4~5束くらいに分けます
f:id:micchaaaaa:20180624235033j:plain


カット後
f:id:micchaaaaa:20180624235140j:plain
ばっさり!


カットした髪はこんな感じ
f:id:micchaaaaa:20180624235315j:plain
なんか髪の毛だけあると怖い。。。


f:id:micchaaaaa:20180624235533j:plain
こんなに切ったの5年ぶりくらい



郵送は自分でやらなきゃいけません。

美容室から送ってくれたらいいのにな~。


まず下記のURLから「つな髪エントリー」をします。
【つな髪®】 申込フォーム


で、髪を封筒に直接入れます

ラップで包んだりする必要はありません。
丁寧に包みたいところですが、過剰包装は逆に開封作業が大変になっちゃうので不要です。


今回は15cmでカットしてもらったので、A4三つ折りが入るサイズの封筒で入りました。

f:id:micchaaaaa:20180625000217j:plain

普通郵便で140円でした。


料金が分からなかったので郵便局窓口に持っていったんですが、「中身なんですか?」と聞かれて「かみです」と言ったら「かみ…?」となったので「あ、髪の毛です」と言ったら「髪…の毛…?」ってなってましたw

宛先の「つな髪事務局」という文字を見てなんとなく察してくれたみたいですw



ヘアドネーションをする前に確認して欲しいこと

今回は15cmで寄付をしましたが、この長さだとフルウィッグにはできないのでインナーウィッグになります。

頭頂部に植毛をしないので、帽子をかぶって頭頂部を隠すかたちになります。


でも31cm以上であればフルウィッグにできます。

本来患者さんが求めてるのって、やっぱりフルウィッグだと思うんです


寄付する側としては15cmという選択肢があるのはありがたい。

ヘアドネーションしたいと思っても、31cmの長さまで伸ばすのって相当大変ですからね。


大事なのは「15cm」と「31cm」でどう違うのか、しっかり理解した上で寄付することだと思います。


そのあたりのことを「NPO法人HERO」さんのサイトでまとめられていたので、寄付する際にぜひ一読してみてください。

hairdonation.hero.or.jp