はぴねすすくーる

自分らしく生きることを目指して日々奮闘中

結婚前の同棲はあり!メリット・デメリットと押さえておくべきポイント

f:id:micchaaaaa:20190415162640j:plain


こんにちは。みっきー(@mikkie_myk)です。


「結婚前の同棲って、彼氏と上手く行くのか不安…」と悩んじゃいますよね。

わたしは結婚前の同棲生活って、絶対彼氏と別れる原因になると思ってました。


でも実際に同棲をしてみると、毎日めちゃくちゃ楽しいし、同棲前より仲良くなったんです。

同棲はポイントを押さえれば、彼氏との仲がより深まります!


今回は結婚前に同棲をするメリット、デメリットと、押さえておくべきポイントをご紹介します。


【目次】

結婚前に同棲をする3つのメリット

個人的に結婚前の同棲はめちゃくちゃオススメです。

結婚前に同棲をすると、以下の3つのメリットがあります。

  1. 結婚しても大丈夫な相手か分かる
  2. 彼氏との仲が深まる
  3. 一緒に過ごせる時間が長くなる

メリット1.結婚しても大丈夫な相手か分かる

同棲をすると、結婚しても大丈夫な相手か分かるというメリットがあります。


デートで会うだけだと一緒に過ごす時間が限られますが、同棲すると一緒に過ごす時間が格段に増えます。

一緒に過ごす中で、嫌な部分が見えてくるのは仕方のないことです。

ただ、その嫌な部分が許せるかどうかはすごく重要になります。


嫌な部分を許容できないのであれば、残念ながらその人とは結婚しても上手く行きません。


同棲をすることで相手の嫌な部分が分かり、結婚して大丈夫な相手か分かるのは大きなメリットです。

メリット2.彼氏との仲が深まる

生活について一緒に考えるようになるので、彼氏との仲が深まります。


わたしの場合、家事はもちろんですが、この先の人生や仕事のことも相談しながら一緒に過ごしています。

なんでも相談できる相手が側にいるって、すごく心強いです。


同棲してから「一緒に生きていく」という意識が強まり、彼氏との仲がより深まったと思います。

メリット3.一緒に過ごせる時間が長くなる

同棲すると、一緒に過ごせる時間が長くなって楽しいです。


それぞれ日中は仕事がありますが、朝や夜は一緒に過ごしています。

一緒にご飯を食べたり、お風呂に入ったり、ゲームをしたりする時間が楽しくてしょうがないです。


特にわたしは寂しがりやなので、同棲生活を選択して正解だったと思います。


毎日一緒に寝れてめちゃくちゃ幸せですw

結婚前に同棲をする2つのデメリット

結婚前の同棲はもちろんデメリットもあります。

結婚前に同棲をするデメリットは、以下の2つです。

  1. 別れるリスクがある
  2. 結婚の決断がしにくい

デメリット1.別れるリスクがある

結婚前に同棲をする最大のデメリットは、別れるリスクがあることです。


結婚前の同棲は、結婚しても大丈夫な相手かを見極められるメリットがある反面、相性が良くない場合に別れるリスクもあります。


育ってきた環境が違う他人同士が生活するので、合わない部分があるのは当然です。

同棲を始めた頃の楽しい時期は多少嫌なことがあっても許せますが、些細なことが積もり積もってストレスになり、喧嘩して別れてしまうケースもあります。


同棲してから別れるとなると、借りている家の解約や荷物の整理などが大変です。


同棲を始める場合は、別れるリスクがあるということも考えておきましょう。

デメリット2.結婚の決断がしにくい

「彼と一緒にいたい」という理由だけで同棲を始めてしまうと、結婚の決断がしにくくなってしまいます。


「いつか結婚するんだ」と思っていても、彼も同じ気持ちとは限りません。

また、一緒に生活することで家族のようになってしまい、結婚の必要性が感じられなくなってくることもあります。


そのため、結婚前の同棲は、結婚の決断がしにくくなってしまうというデメリットがあります。

結婚前の同棲が上手く行くための5つのポイント

結婚前に同棲するからには、彼との生活を上手く過ごしたいですよね。

わたしが実践した、結婚前の同棲が上手く行くためのポイントを5つご紹介します。

  1. 親への挨拶をきちんとしておく
  2. 1LDK以上の家を借りる
  3. いつ結婚するのか決めておく
  4. 家事はお互いが自主的にする
  5. お金のルールを決めておく

ポイント1.親への挨拶をきちんとしておく

同棲前に親への挨拶をきちんとしておきましょう。


わたしの場合は、彼に実家をに来てもらい、同棲することをきちんと報告しました。

彼の両親へは事後報告となりましたが、少なくとも女性側の親へはきちんと挨拶しておいた方が良いです。


親の合意の元で同棲を始めたほうが安心してもらえますし、困ったときに相談できて心強いです。

ポイント2.1LDK以上の家を借りる

同棲するための家は、1LDK以上の家を借りましょう。


わたしの場合は、1部屋は寝室にし、普段はリビングで過ごすようにしています。

睡眠は普段の活動に影響する大切な部分なので、1部屋を寝室にしてしっかり眠れるようにしています。


お金に余裕があるなら2LDKの家を借りて、仕事部屋を作れたらベストですね。

ポイント3.いつ結婚するのか決めておく

同棲する前に、いつ結婚するのか決めておきましょう。


同棲を始めると、一緒に過ごしているうちに家族のような存在になってしまうことがあります。

それ自体は悪くないのですが、なんとなく同棲していると結婚するタイミングが分からなくなってしまうんです。


また、「この人と結婚するんだ」という自覚がお互いにあると、同棲生活を上手く過ごすための努力が出来るようになります。


彼との同棲生活を上手く過ごすためにも、いつ結婚するのか決めておくのは大切です。

ポイント4.家事はお互いが自主的にする

家事は分担せずに、お互いが自主的にやるようにしましょう。


家事を分担すると、担当している家事が溜まってきたときに「なんでやってないんだ」というストレスを相手に与えることになってしまいます。


基本的には時間のある方がやり、やってもらった分は休日に頑張るなど、お互いが自主的に家事をやると上手く行きます。

片方にだけ家事の負担がかからないようにする、お互いの気遣いが大切です。

ポイント5.お金のルールを決めておく

同棲をする上で避けられないのがお金の問題です。

家賃や生活費は、どちらがどの割合で負担するのか明確にしておきましょう。


また、出費を明確にしておくことも大切です。

何を二人で負担しているのか分からないと、「遊びに行ったお金まで上乗せしてるんじゃないか…?」などと疑心暗鬼になり、ケンカの原因になってしまいます。


わたしは、どちらが何にお金を出したのかを表にして管理し、お互いの出費が明確に分かるようにしています。

もちろん個人で購入した服や飲み代などは、個人負担なので表には載せていません。

まとめ

結婚前の同棲は、ポイントさえ押さえておけば上手く行きます。

とはいえ相性の問題はあるので、合わないと思ったら別れを選択するのもアリです。

無理に結婚をしてしんどい思いをするのは辛いですからね。。。


わたしは基本的に寂しがりやなので、同棲生活をして良かったと思います。

同棲しようか迷っている方は、上手く行くためのポイントを参考にして、楽しい同棲ライフを過ごしてくださいね!